日商自動車、メイン画像

安全運行への主な取り組み

平成30年度輸送安全マネジメントの取り組みH30.4.16

1.安全方針

  • (1)代表者は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
    また、法令遵守をし内部において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  • (2)安全マネジメントを確実に実施し、社員が一体となって輸送の安全の確保を図るために継続的改善を図り、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  • (3)輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

2.平成30年度安全に関する目標

  • (1)『心』と『時間』の余裕をもって『事故0』に!
    必要な情報を確実に伝達する事で未然に事故を防ぎ、安全確保を最優先とした運行をする。
  • (2)後退時の事故を前年比50%削減する・・・6件発生
    バック時の多段階停止による安全確認の徹底をする。
  • (3)車両の点検整備不良による路上故障絶滅
    異常を早期発見し不要なトラブルを未然に防ぐ

3.平成29年度の安全に関する目標及び達成状況

  • (1)後退時における自損事故『0件』6件発生未達成→未達成
  • (2)運転時間および休憩時間の厳守『過労運転撲滅』1.5%違反未達成→未達成
  • (3)「ヒヤリ・ハット情報」の収集と活用で危険回避!年4回以上の教育”5回達成→達成

4.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  • (1)運転者教育・研修
    運転者年間教育計画を作成し、初任運転者研修、適齢運転者研修、現任運転者研修及び初任、適齢、現任運転者に対する関係法令の遵守、ヒヤリハット等の小集団教育を実施して輸送の安全確保に向けた意識の向上を図ります。
  • (2)交通安全運動等期間中は、事故防止運動を実施します。
    ・春の全国交通安全運動
    ・夏の事故防止運動
    ・秋の全国交通安全運動
    ・年末年始自動車輸送安全総点検

5.事故件数(自動車事故報告規定第2条に規定する事故)

平成29年度0件

6.輸送の安全に関する計画

・外部機関の乗務員安全運転研修受講
・安全・安心の関する啓発活動の実施(のぼり旗・腕章等)
・車両構造・日常点検の研修
・非常事態想定訓練
・「適齢診断」を65歳以上75歳未満の全運転者に対し2年に1回以上の頻度で受診させる。
輸送の安全に関する投資額(平成30年度)
・適性診断・定期健康診断・脳MRIの検査・SASスクリーニング検査…30万円
・車両導入・設備…4000万円
・安全教育に関する投資(社員教育・研修)…10万円
・資格試験受験…2万円
・新型デジタコ切替導入(今年度100%目標)400万円
・スクールバス車両費(中古)…1000万円

icon_1ご案内